キャッシングで借りてもいつも返済を忘れる

キャッシングベスト3

キャッシングで借りると、いつも返済日を忘れてしまいます…

助けてください!ほんとーーーに困っています。キャッシングでちょこちょこお金を借りることがあるんですが、どうしても返済日を忘れてしまうんです。手帳にもちゃんと書いてますし、1週間前くらいまではきちんと覚えてるんです。それでも3日前くらいになるとふわーっと抜けてしまって…もちろん、最初の1ヶ月~3ヶ月くらいはちゃんと返済できるんですが、慣れてきた頃に忘れてしまって、連絡が来て初めて思い出す、なんてこともしばしばで…。あんまり忘れてしまうといい印象にもなりませんし、ブラックリストに載ってしまうとも聞きます。なにかいい解決方法ってありませんか!?

返済方法を自動引落しにすることで返済忘れを防げます

一番シンプルな解決方法としては、支払い方法に「口座引き落とし」がある消費者金融なりキャッシング会社を探すことでしょう。口座引き落としであれば、毎月決まった返済額が自動的に引き落とされますので、わざわざ自分でATMなどに赴く必要がありませんし、最悪返済日を覚えていなかったとしても口座にお金さえ残っていれば引き落としが行われますので非常に便利です。

借りたお金の返済日を忘れてしまう、っていうのは結構聞く話なんですよね。仕事が忙しかったり、たまたまその時期に旅行の予定が入っていたりなんてするとやっぱり忘れてしまいがちです。しかも自分から返済しに行かなければいけないっていうのは手間にもなりますから、めんどくさいっていう気持ちまでプラスされちゃうかもしれないですよね。多分、そのような方は質問者さん以外にも結構多いのでしょう。私も何年も返済していくと考えたときに、わざわざ自分からATMなどに返済しにいくことを考えるとおっくうな気持ちもありますし、何かしらの予定とかちあったら返済日を忘れてしまいそうですから。

とはいえ、それで返済日を過ぎてしまってはいけません。延滞扱いになりますので損害遅延金を支払わなければならなくなりますし、質問者さんが危惧している通り、延滞が何回も続いてしまうと利用限度額が残っていてもこれ以上お金を貸せません、と言われる可能性もありますし、契約を打ち切られてしまう可能性だってあります。延滞期間が長いと「この人はお金を借りても返しません」といった旨の情報が個人信用情報機関に登録され、他の金融機関からも「この人はお金を貸したらダメな人なんだ」と判断されてしまいます(いわゆる「ブラックリスト入りと言われているものです)。それを防ぐためにも引き落としは有効な方法です。返済方法の変更も簡単に出来ますし何より安心ですからね。

注意点としては、もちろん口座の残額が返済額より下回っていると引き落としが行われませんので延滞扱いになってしまう…という点です。これはお給料の振込口座と同じ口座を指定するなど回避方法はいくつもありますので、ある程度口座にはお金を入れておくようにしておくだけでOKです。また、キャッシング会社もしくは銀行によっては、口座引き落としが可能な銀行口座が特定のところでないと利用できない場合があります。これはグループ会社や母体となる銀行の関係ですので、どうしても利用したいキャッシング会社があっても指定された銀行の口座がないという場合、銀行口座を新しく作る必要が出てきますね。ただ、最近はメガバンクだけでなく地方銀行のカードローンも金利が低いものや、普通預金口座があることで金利が下がるサービスを行っているところもありますので、自分に馴染み深い銀行のカードローンを探してみる…というのも面白いかもしれませんよ。

キャッシングをいつも利用しているあなた!借りすぎに注意

キャッシングは、一度してしまうと、そのお金が手元にある状態が、当たり前だと勘違いしてしまうケースが、非常に多くあります。一度でもそうなのですから、いつもキャッシングをしている方は、特に注意が必要になります。

まず、絶対に欠かせないのは、キャッシングをしている、つまり、借金をしているという自覚を持って、借金をするということです。あなたは、お金を借りています。自分のお金が増えたわけではありませんし、貯蓄があるわけでもありません。ですから、まずは借りたお金を返し、将来のために貯蓄をするんだ、という意識を持つことです。そうすると、むやみに借金をつくれなくなります。なぜなら、貯蓄をするためには、借金はマイナスだからです。さらに、貯蓄を実際にすることによって、お金が貯まるわけですが、そうなると、借金をすること自体が減ります。

それから、借金の金額について表を作成し、いくら借りたか、いくら返さないといけないか、利息はどれくらいと予測されるのか、というところまで計算します。この表をつくるという行動が、あなたが借金を返済するということを、より具体的に可視化してくれます。最初に表を作成する際、借金の現在残高と、次の返済日までの借金の増額予測を書き込んでおくことが大切です。増額予測とは、要するに、利息で増える分ですね。ここまで正確に借金を把握することによって、そして月々の返済額と期間が見えてくることによって、計画的な返済がしやすくなります。

いつもキャッシングをしていると、つい借りたり返したり、ということの繰り返しになってしまい、挙句の果てに、キャッシング会社から、「返済能力がない」と見なされて、それ以上は借りられなくなる、という事態に陥るケースが多いです。こうならないためにも、自分で借金の返済状況を管理し、自覚を持って、きちんと返済をしていくということが大切です。借りすぎには、くれぐれもご注意ください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 今、30万《借り入れ》で悩んでませんか?※安心企業一挙掲載 All Rights Reserved.